トレーニング・メソッド

Our Method=ファーストクラスストレングス。 それはワンランク上、ファーストクラスの体。

ファーストクラスストレングスとは、単純にBMIのバランスの良い筋肉質の状態をいうのではなく、自分自身が感じたことのないような体のキレ、快調さを保っている体の状態をいいます。プロファウンドはファーストクラスストレングスを手に入れるための独自メソッドをプライベートな空間で提供するパーソナルトレーニングジムです。

ファーストクラスストレングスに欠かせない3つの要素

最高の体をつくる。3つの要素とは?

例えばアスリートの体。
プロファウンドは格闘家やオリンピックを目指すアスリートのトレーニングも行っていますが、彼らの体は筋力が優れているだけではありません。
過酷な練習、過酷なトレーニングを高頻度で行っていくために、内蔵機能も整えます。つまり、体の内側から強くしていきます。そして、試合当日に最高のパフォーマンス(パワー・スピード・テクニック)を存分に発揮出来るように、体をつくります。そのためには次の3つの要素が重要になります。

  1. フィジカルトレーニング
  2. コンディショニング (ボディスキャニング含む)
  3. ニュートリション

これら3つの要素を同時かつバランスよくトレーニングすることで、基礎代謝が上がり、強化された筋力とともに自分が感じたことのないキレのある体、つまりファーストクラスストレングスが手にはいります。

この3つの要素はアスリートだけでなく、モデルやダイエット・アンチエイジングを考えている一般の方も同じです。
また経営者やビジネスマンにとっても、ビジネスのポテンシャルを上げる為に必要不可欠な要素なのです。
トレーナーのUCHIYAMAは、モデルやタレントとしても活動しておりモデル時の体作りも、ファーストクラスストレングスにより作っていきます。

例えばきれいな体を目指したい、出っ張ってきたお腹をへこましたいという一般的な目的でも、できるだけ効率よく、正しくトレーニングするためには、3つの要素でフィットネスすることが必要になります。
また、プロファウンドのフィジカルトレーニングでは「肩甲骨」「骨盤」「股関節」の3つの部位を特に意識していきます。この3つの要素もファーストクラスストレングスを手に入れるためのキーワード。
フィジカルトレーニングで筋肉をつけるだけでは重い鎧を付けたようなもので、かえって体の動き(キレ)が鈍くなります。これを防ぐために3つの部位を意識したフィジカルトレーニングやコンディショニングをおこなっていきます。

ファーストクラスストレングスの 3要素の関係

ファーストクラスストレングスは古武術から生まれた

さきほど申し上げたように、「肩甲骨」「骨盤」「股関節」の3つの部位を意識したフィジカルトレーニングやコンディショニングを行うことで、キレのある体を手に入れることができます。
つまりプロファウンドは単純な筋力UPを目的としていません。良質な筋肉+体のキレ。これがプロファウンドのフィットネスの目的です。そしてこのような考え方の元になっているのは実は古武術です。
古武術はトレーナーの内山が格闘技選手を大怪我により断念した後、そのリハビリのために始めた武道ですが、古武術では特に股関節を大切にします。
股関節をはじめとする重要な関節周りの可動域が広くなると、無駄な筋肉が削ぎ落とされ、今まで使われずに眠っていた筋肉が使われるようになります。
プロファウンドは古武術の考えをベースに、さらに肩甲骨と骨盤の可動域にも注目することで最高の筋力と切れのあるバランスの良い体、つまりファーストクラスストレングスを手に入れます。
さて、それでは実際のプロファウンドのトレーニングを「フィジカルトレーニング」「コンディショニング」「ニュートリション」の流れでご紹介します。

ファーストクラスストレングスは3要素を循環させて手に入れる。

ファーストクラスの体。そのための第一歩はトレーニング。

ファーストクラスストレングスを手に入れるための第一歩。
それは、フィジカルトレーニングです。個人の目的にあったメニューで、適切なフィジカルトレーニングを行う必要があります。
プロファウンドはアスリートのトレーナーで自身がモデルとしての経験から個別の目標にあった適切なメニューを組んで、質の高いフィジカルトレーニングを提供します。
アスリートとモデルの体作りで最も大きな違いは、フィジカルトレーニングです。
プロファウンドの様々なトレーニング種目の中から目的の体にあったフィジカルトレーニングを行います。プロファウンドでは会員一人一人からフィットネスの目的をお聞きした上で、それぞれにあったトレーニングメニューを提供。通常のスポーツジムにはない自分だけのフィジカルトレーニングで、最高の体を手に入れることができます。
トレーニング

良質な体に、内側から作り直す。ニュートリション(実践栄養学)

フィジカルトレーニングが終わると、体の内側では筋修復作業が行われます。
壊れた筋肉が再結合するためには栄養が必要になります。つまり食事が重要なのです。しかし現在の食物の栄養素は昔に比べてかなり減っており、必要な栄養素量を食事だけで摂取することは大変難しくなっています。その為、多くのアスリートがサプリメントで栄養を補っています。
最近ではどのようなフィットネスジムでもサプリメントを摂っている方を見かけますし、女性をはじめ一般のかたも市販のサプリメントを購入しています。
しかしサプリメンの品質については深く認識されていないのが現状です。
例えばサプリメントには、自然由来の高品質なビタミン・ミネラル・アミノ酸は天然の穀物や野菜・果物から抽出してタブレット状や粉末状にした製品と一方で、石油などから科学的に合成した製品などがあります。
合成したサプリメントを大量に摂ると、肝臓・腎臓に悪影響が出る場合もあり、摂取には気を配る必要があります。さらにいえば自然由来の良質なサプリメントを摂取すべきです。
プロファウンドでは、自然由来の原料をもと科学技術力に裏づけされた高品質のサプリメントを提供しています。
しかし基本は食事です。
基本は食事。しかも良質な食事を心がける。何といってもこれが一番です。しかし食事ではどうしても補えない栄養素。そこを高品質のサプリメントで補う。これがニュートリションの正しい考え方といえます。
ニュートリションについては頭で理解し、さらに食事に対する高い意識を持つことが大切です。
(メンバー対象にニュートリションセミナーを行っています。)

食事例

食事例

ベーシックセット

ベーシックセット
※複合ビタミン・ミネラルと大豆(遺伝子組換えでない)を原料としたプロテイン

栄養素の比較イメージ


筋肉はつけるだけではダメ。可動してはじめて本物の筋肉に。

最後にコンディショニングとボディスキャニングです。
良質な食事や栄養素を摂りいれながら正しいトレーニングをすることによって、筋肉は効率的についていきます。しかしそれだけではファーストクラスストレングスは手に入りません。古武術について紹介した際に述べましたが、最高の体にするためには「キレ」が重要です。
たとえば筋肉が発達している格闘家やアスリートは、自分の筋肉量のために体のキレが鈍くなることに注意してトレーニングをしています。イチロー選手は渡米した際にメジャーのパワーに対抗するために筋肉を3キロ増やしたところ、まったく動けなかったと回顧しています。
では筋肉をつけるほど体のキレが鈍くなるのはどうしてでしょう。
答えは、筋肉が大きくなるにつれ、体重とスピードのバランスが崩れてしまいます。神経系の神経伝達が追いついていない状態が訪れたりします。
さらに、短期間に筋肉量や体重が増加すると、関節の可動域も狭くなってしまいます。逆にいえば可動域を保ったまま、筋肉量を増やすことで最高の体、つまりファーストクラスストレングスの実現に近づきます。
可動域を広く保つにはストレッチが必要ですが普通のストレッチでは足りません。プロファウンドではスーパーストレッチという脳が体の可動域を認識するストレッチを行います。
スーパーストレッチはボディスキャニングも兼ねていて、日常では意識出来ない筋肉に働きかけていきます。
特に骨盤周辺の骨盤帯や肩甲骨周辺の肩甲帯に意識出来ない箇所が見えてきます。
意識出来ていないと言うことは、働いていないと言っても過言ではないでしょう。
つまり、ウィークポイントとなってしまう可能性が高いのです。
その意識出来ない箇所によって、肩こり、腰痛、四十肩、五十肩や、ロコモティブシンドロームの要因にも繋がってしまいますので、意識出来ない箇所を減らしていくことが重要なのです。

またプロファウンドではヒート・トリートメント(デトックス・トリートメント)という手法をつかって体をコンディショニングしていきます。背中とお腹から熱を引き出すコンディショニング方法ですが、これは自律神経系を整える効果、アンチエイジングに効果があります。
自律神経は体調に深く関わっている神経で、梅雨時や季節の変わり目など、体調を崩しやすいことや、ストレスによって体調が乱れたり、自分の意識ではコントロール出来ないのが自律神経系です。体調を整えるためにはとても重要です。
また老化を防ぎ若々しさを保ちます。

さて、これまでフィジカルトレーニング→ニュートリション→コンディショニングという流れを紹介してきましたが、この流れを循環させることで過去に感じたことのないような体のキレと体力向上、つまりファーストクラスストレングスを手に入れることができます。
是非一度プロファウンドのトレーニングジムを体感してください。

体験コースの申込

ヒート・トリートメント □ヒート・トリートメント(DETOX トリートメント)

スーパストレッチ □スーパーストレッチ